インプラント治療は大きな3つの関門

最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみてください。
まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
歯根を含めて歯が無くなってしまっ立ところには、差し歯は利用しようがないと言うことです。一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するでしょう。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスをうけなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。定期検診をうける費用は保険が聞く治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきてください。
典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
という流れはみなさん変わりません。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思って頂戴。ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いですね。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から創られています。インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いですね。色々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を捜すことも十分あり得ます。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。
まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大切です。インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思って頂戴。歯を抜い立ところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。
ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けて頂戴。何かと言うと、インプラント治療をうけられる人は限られているという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきてください。いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療をうけている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。
入れ歯にくらべ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、ご飯も美味しく感じられます。