インプラント治療を選ぶ

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんにおすすめします。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。
入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないという事になりますね。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもあるようですが、腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことが出来ます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。入れ歯や差し歯に替る技術として注目されているインプラント。
その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、制作を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。綺麗な歯をつくるための美的感覚と、それを実現する高い技術が必須になってきます。
当然、一つ一つの義歯の制作には時間もかかるので、時間・技術伴に大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。差し歯とインプラントはどうちがうのでしょうか。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯をつくれるのが、インプラントの利点なのです。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこがちがうかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知して下さい。基本的にすべて自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
治療開始時に費用をすべて現金で用意できなくても、インプラント治療の開始は十分可能になりました。
これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。
たとえば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。